PMSは症状改善が可能【ストレスフリーにしまSHOW】

女性二人

生理前の不快

笑顔

PMSの症状は非常に多岐にわたります。精神的なものと身体的なものがありますが、生理前に不快な症状が現れるなら、PMSと言えるでしょう。PMSとうまく付き合うためにはライフスタイルの見直しが必要です。食生活を正しくし、軽い運動をするようにします。

生理前の体調の変化

聴診器

生理前の不調の原因

女性に月に一度やってくる生理。いつか妊娠する時のために大切なものと分かってはいても、わずらわしさを感じている人が多いのではないでしょうか。生理痛は辛いし、なんだかだるかったりやる気がでなかったり。生理中は多くの女性がそんな経験をしているようです。しかし、その症状、生理になる前から出ていませんか。もしも出ていたらそれはPMSかもしれません。主な症状としては、軽い下腹部痛や体のむくみ、肌荒れ、イライラや眠気などです。軽い腹痛は、これから生理が起こるために子宮が準備をしている為に起きるので心配はありません。我慢しがたい腹痛があるときは何かの病気のサインかもしれませんので、医師の診察を受けてみてくだい。体のむくみに関しては、生理周期に関係しています。排卵後から生理前は黄体ホルモンという物質が分泌され、妊娠した場合に備え着床しやすくするために子宮内膜を厚くします。また、妊娠後のために栄養を蓄えようとするため、体がむくみやすくなります。特に腰やお腹回りがむくみやすくなるようです。

その他の原因は

PMSの症状として現れやすいものに、肌荒れもあります。主に吹き出物として出ることが多いようです。Tゾーンがいつも以上にテカりやすくなったり、口周りやあごに吹き出物が出来てしまいます。気になって触ってしまうと、バイ菌が入り、赤くなったり痛みを伴ってしまうので気を付けましょう。また、ホルモンバランスが乱れますので、とてもイライラしやすいです。いつもは気にならないささいな事にイライラしてしまうのも、立派なPMSの症状です。また、逆にやる気を失ってしまう事もあります。それに加え、普段とは違う眠気が出るのもPMSの特徴です。「一秒でいいから横になりたい」「立ったまま眠ってしまいそう」と言われる位、強い眠気が出る人もいるようです。その眠気はとても耐えがたく、仕事や勉強、家事育児に大きな支障が出てしまいます。これら上記の症状から見受けられるように、PMSの症状は心因的な病気と非常に似通っています。身体的な部分でなく精神的な部分に影響が強い病気でもあるため、一般的な産婦人科だけでなく心療内科などでも治療を受けることが可能なのです。もし慢性的なイライラやけん怠感など、心の症状が深刻な場合には、心の病気を専門的に扱う医療機関で診察を受けるようにしましょう。

月経前症候群を改善

医者

PMSの症状は、個人差がありますが、症状を緩和させることができます。例えば、大事な予定を入れないようにしたり、ストレスを溜めないように過ごすだけでも、緩和されます。また、あまりにも酷い場合には、無理をせず、早めに病院に行きましょう。

女性特有の悩みを知る

女性

PMSは生理前に起こるさまざまな症状のことで、生理による女性ホルモンの変調が原因とされていますが、個人差のある症状でもあるため、治療するというよりは、日々の生活のなかで緩和していくという方法が有効だとされています。

生理前の身体の不調

看護師

PMSは多くの女性が感じており、月経がある間は付き合っていかなけらばならない症状です。食生活に気をつけ、ストレスをためずにリラックスする時間を作ることも大切です。日常生活に支障をきたしている場合は、恥ずかしがらずに婦人科を受診するとPMSと上手に付き合うことができます。

快適に過ごす方法

女性

PMSの症状は人により異なりますが、イライラしたり、食欲が増す、胸が張るなどがあります。女性ホルモンの影響によるものであり、症状は一時的なものです。適切な対処をすることで、症状を緩和させることが可能です。