PMSは症状改善が可能【ストレスフリーにしまSHOW】

女性

快適に過ごす方法

食生活の工夫

女性

月経前にイライラしてしまう、甘いモノが食べたくなる、むくむなどの症状を感じたことがある女性は非常に多いようです。このような月経前の不調のことを「月経前症候群」といいます。これは、PMSと呼ばれることもあります。PMSの症状を緩和させるためには、普段の食事を工夫することも大切になります。まず、PMSの症状の一つとして、食欲増進があります。食欲があるからといって、思いつくままに食べてしまうと、血糖値の急激な上昇・降下により、食欲がさらに増すことやイライラ感が増加する可能性もあります。食欲を感じた場合には、血糖値を急激に上昇させるような食べ物は避け、ゆっくりと時間をかけて食べるようにしましょう。一度にたくさん食べるのではなく、小分けにすることも大切です。コーヒーや紅茶、栄養ドリンクなどのカフェインが入っているものは、避けるようにしましょう。イライラ感を和らげる効果の期待される、ビタミンB6やマグネシウム・カルシウムを積極的に摂取するように心掛けましょう。

今後の課題

月経前に心身の不調を感じるもしくは感じたことがあるという女性は、全体の約8割にも及ぶという調査結果があります。これまではそれが何が原因であるかを理解していなかったという人も多いようです。PMSという言葉を知らなかったという場合でも、症状を感じていたという人も多くいました。しかし、月経のない男性の場合には、これらの症状を理解することが出来ないという人も多いようです。症状が出る期間は、限定的ですが、理解することが出来ないがゆえに、対応に困るという声があるのも事実です。今後は、PMSの症状が出た場合の対応方法について、女性だけではなく、男性も理解する必要があると考えられます。現在は、PMSの症状が出ても、対処をしていないという人のほうが多いようです。適している対処法は一人ひとり異なりますので、自分に合った対処法を見付けることが大切です。適切な対処法を行うことにより、症状を緩和させることができ、快適に過ごすことが出来るようになる可能性もあります。