PMSは症状改善が可能【ストレスフリーにしまSHOW】

女性

生理前の不快

生理前に不快になるなら

笑顔

PMSとは生理前にさまざまな不調が現れる症状のことを言います。PMSの症状は人によって異なり、細かく分類すると200種類以上もあります。PMSの症状は大きく分けて精神的なものと身体的なものに分かれます。精神的なものの代表的な例としては、訳もなくイライラする時期がつづいたり、憂鬱な気分に突然なってしまったりなどの情緒不安定な症状があります。何もないなんとなく落ち着かない場合や、ぼーっとしてしまい心ここにあらずな状態など、明らかに様子が変な場合はPMSを疑ってよいでしょう。そして身体的なものの代表的な例は、急な頭痛に襲われる、体全体がぐったりとしている、下腹部に痛みや違和感を覚えるなどです。なんとなく疲れやすいときや、胸が張ったり乳首が痛くなる、ニキビが出たり、なども立派な症状です。もし一般的なものにあてはまらなくても、生理前に不快な症状が現れるのなら、それはPMSかもしれません。しかしあまりに症状が重く、日常生活が困難になるほどであれば、PMSではないPMDDという病気であることもありますので、注意が必要です。

うまく付き合うには

PMSになるはっきりとした原因はわかっていません。しかし女性ホルモンが影響していると考えれており、排卵を境に出てくる「黄体ホルモン」の影響が特に大きいとされています。PMSの症状をできるだけ抑えて、うまく付き合うには自分のライフ差うタイルを見直してみる必要があります。第一に食生活の見直しです。バランスの取れた食事をし、自分の体の免疫力を高め、適正な体重にコントロールします。体重が増え過ぎるとむくみの原因にもなります。また、アルコールやカフェインを過剰に摂取するとイライラしてしまうことがありますので、取り過ぎないようにします。また、牛乳やわかめ、ごま、さばなどはPMSの症状を緩和すると言われています。第二に軽い運動をすることも大切です。軽い運動をすると血行がよくなり、気分転換になることもあります。ヨガやストレッチなどで軽く体を動かします。それでも改善しな場合には医薬品を利用することもあります。さまざま医薬品はありますので、自分の症状とよく照らし合わせて選ぶ必要があります。